ウィリアム・モリス(William Morris)

1834年3月24日~1896年10月3日
イギリスの詩人・芸術家・デザイナー。
ロンドン郊外の裕福な家庭に生まれ、幼い頃から美しい自然に囲まれて育ち感性を養う。
産業革命後の大量生産に反発し、職人の手仕事による作品の美しさを提唱する「アーツ・アンド・クラフツ運動」の中心人物でもある。
「美しいと思わないものを家に置いてはならない」と語り、草花や樹木をモチーフとした彼のテキスタイルデザインは、
1世紀以上経った今も世界中で愛され続けている。

 ウィリアム・モリス 年表
 1834年(0歳) ロンドン北東部のWalthamstow(ウォルサムストウ)に生まれる。   
 1848~1856年(14歳~22歳) 「Water House」(ウォーター・ハウス:現ウィリアム・モリス・ギャラリー)に住む。   
Water House  
 1852年(18歳) オックスフォード大学エクセター・カレッジに合格、翌年入学。
 1855年(21歳) 大学時代に知り合ったエドワード・バーン=ジョーンズと共に芸術家になることを決意する。
 1856年(22歳) 建築家ジョージ・E・ストリートに弟子入りする。この時に兄弟子フィリップ・ウェッブと出会う。
 1859年(25歳) ジェーンと結婚する。フィリップ・ウェッブ設計の新居「Red House」を建設。   
Red House  
 1860年(26歳) 「Red House」に入居する。
 1861年(27歳) 絵画、装飾彫刻、家具の美術職人集団「モリス・マーシャル・フォークナー商会」を設立する。
 1865年(31歳) 諸事情によりロンドンへ移転することになり、「Red House」を売却する。
 1861~1869年(27歳~35歳) 叙事詩(じょじし)「地上の楽園」を完成させ、詩人としても成功する。  
Kelmscott Manor  
 1871年(37歳) コッツウォルズの「Kelmscott Manor」(ケルムスコットマナー)に住む。
 1875年(41歳) 「モリス・マーシャル・フォークナー商会」を解散し、単独責任による「モリス商会」を設立する。
 1878年(44歳) ロンドン・ハマースミスの「Kelmscott House」(ケルムスコット・ハウス)に住む。名付けはモリス。    
Kelmscott House
  モリスはテムズ川沿いのケルムスコット・マナーとケルムスコット・ハウスを船で行き来していた。
 1896年(62歳) 病によりケルムスコット・ハウスで死去。